« 出来るだけ高額の査定を引き出したいと思ったら見 | トップページ | 基本的なことかもしれませんが先に »

2017年3月13日 (月)

普通にしていても勝手にできてしまう程度

普通にしていても勝手にできてしまう程度の軽い傷やへこみなどは、買取査定時にマイナスされない場合が大半ですし、気にしすぎる心配はないでしょう。
明らかに爪が引っ掛かるくらいのキズがあったり大きなへこみがあるケース、塗装がはがれていたりする場合にはマイナス査定になりますが、査定が低くなるのを避けるために自らお金を出して修理しても修理費以上に査定額がアップされることにはなりません。
中古車買取り業者による査定の際はぜったい所有者が立ち会う必要があるなどとするルールこそないものの、やはり当事者の一方がいないことで発生するトラブルを避けるためになるべく所有者本人が査定に立ち会うべきです。
今どき悪徳業者なんていないと思うかもしれませんが、悪質な例では、家族が立ち会っても所有者本人でなければ様子に疎いだろうと、わざと車体に傷を作るといった違法な手法で不当な安値で買おうとする業者もいるようです。
車内の掃除が行き届いていたり、前もって洗車して磨き上げたところで、見積額がプラスになることはありません。
所有者がする程度の掃除なら、誰にでもできるのですから仕方がないことです。
にも関わらず清掃が推奨されるのには理由があります。
実写査定の際に車がきれいになっていると、気持ち良く値付けが出来ます。
車の値付けや取引をしているのは人間ですから、心がけが見積額に反映されるのは必然的かもしれません。

待機児童、17年度末ゼロ「可能」3割 84自治体調査
安倍政権が目指す2017年度末までの「待機児童ゼロ」について、朝日新聞社が全国の84自治体に達成可能かどうか尋ねたところ、「達成できる」と回答したのは31%の26自治体にとどまった。安倍晋三首相は2月17日の衆院予算委員会で初めて達成が「厳しい」と述べる (続きを読む)


« 出来るだけ高額の査定を引き出したいと思ったら見 | トップページ | 基本的なことかもしれませんが先に »

スポーツ」カテゴリの記事